ホームカートをみるマイページへログインご利用案内お問い合せお客様の声よくあるご質問サイトマップ
RSS
 
トップページ > クロアチア > ドブロブニクのボタン

ドブロブニクのボタン(Dubrovacki botuni)

「ドブロブニクのボタン」は、アドリア海沿岸を代表する伝統的な装飾品のひとつです。「ドブロブニクのボタン」の歴史は、起源1300年〜1500年の間、アドリア海の栄華を独り占めにした小国、ドブロブニク共和国の歴史に重なります。丸いボール状の装飾は、聖なる果実を模したもので人生の大きな実りをあらわすとともに、富の象徴でもありました。富裕なドブロブニクの商人たちが身につけるこの独特な装飾品「ドブロブニクのボタン」は、アドリア海沿岸諸国の人々の羨望を集めました。今でもドブロブニクの南コナブレ地方では結婚の約束としてドブロブニクのボタンを贈る習慣があります。過去の逸話では純金製のドブロブニクのボタンを娘の結納として十個用意した男の話などがあります。ドブロブニクのボタンは、金や銀の細線を使ってひとつひとつ手作りで作り上げて行きますその技法は約500年変わることなく受け継がれていて、国から認定を受けた彫金師だけが作ることが出来るものです。ご紹介する「ドブロブニクのボタン」は共和国の時代からドブロブニクにアトリエを構える。 Atelier Queenによるものです。古の歴史に思いをはせて見るのはいかがでしょうか?

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜23件 (全23件)

1件〜23件 (全23件)