ホームカートをみるマイページへログインご利用案内お問い合せお客様の声よくあるご質問サイトマップ
RSS
 

スーマメッド(Sumamed)

スーマメッド(Sumamed)
1981年、クロアチア人科学者が発明した抗生物質薬。

1981年、PLIVA製薬の研究チーム。ガブリエラ・コブヘレル、ズリンカ・タムブラセフ、ゴリャナ・ラドボーリャザレフズキーは、アジスロマイシンと呼ばれる新型抗生物質の合成に成功しました。
1986年から、ファイザー社がPLIVA製薬からライセンスを受けて、アジスロマイシンの製造と販売を始めました。
クロアチアの製薬会社、PLIVAでは、スーマメッド(Sumamed)として販売されています。
今では、世界中の製薬会社がそれぞれのブランド名で販売しています。
ちなみに日本では「ジスロマック」と呼ばれています。

ヴェゲタ(Vegeta)

ヴェゲタ(Vegeta)
乾燥野菜をふんだんに使ったミックススパイス。クロアチアの代表的な家庭の味。

ポドラフカ社は、1934年ザクレブの北西にあるコプリプニツァで、果実をジャムなどに加工する工場として始まります。
1947年に国営化して「Podravka」の企業名となります。
1957年、チキンのインスタントスープを発売し、ヒット商品となります。
1959年、乾燥野菜を使った、万能調味料(Vegeta)を発売開始します。
以来、50年間(Vegeta)は、東ヨーロッパを中心に40ヶ国以上の地域で親しまれています。
クロアチア人にとっては、昔からなじんだおくふろの味となっています。

コプリプニツァ は、13世紀ごろ軍事要塞として栄えた街です。地理的に要所であったため、要塞の役割から貿易の中心地として栄えるようになりました。

1959年の発売から歴代のパッケージです。1966年には和装の日本女性の写真入りのパッケージも登場しています。

バヤデーラ(Bajadera)

バヤデーラ(Bajadera)
古代インドを舞台にしたバレエ作品『ラ・バヤデール』 (仏: La Bayadère, 「インドの舞姫」の意)にちなんで、「Bajadere」と名づけられたヘーゼルナッツクリームをチョコレートで挟んだ、口解けの柔らかいチョコレート

Kras(クラッシュ)社は、1911年クロアチアの首都ザグレブにチョコレートショップを開いたことから始まりました。
19世紀から20世紀にかけてヨーロッパでチョコレートは劇的に進化して、現在の口溶けのまろやかなチョコレートがを完成させます。
Kras(クラッシュ)が作る、繊細に加工されたチョコレートは皇室や王室といった当時の上流階級にこよなく愛され、彼ら貴族達のの出資により南東ヨーロッパで最初の本格的チョコレートメーカーとなります。

ザグレブを中心として、チョコレートショップとカフェを展開。クロアチアを代表するチョコレートメーカーです。

バヤデラ「Bajadere」が誕生して一世紀近くの時を経た今でも、東南ヨーロッパの人々は元より、西アジア、中東の人々に「バヤデラチョコレート」は愛され続けています。

バデル・スタラ・シボビツ(Badel Stara Šljivovica)

バデル・スタラ・シボビツ(Badel Stara Šljivovica)
伝統的なスモモのブランディー。1862年に創業した( Badel 1862 )により醸造されている。スモモから作るブランディーでは世界で最も知られているもので、32カ国に輸出されています。

Badel.1862は、社名の通り1862年に創業し、百年以上にわたって東南ヨーロッパを中心として活動を続け、現在はクロアチア最大のアルコールディストロビューター企業となっています。
傘下に多くのワイナリーを持ち、クロアチ国内ほぼ全ての地方のワインを扱っています。

バデル・ペリンコバック(Badel Pelinkovac gorki )クロアチアで今人気のハーブリキュール。ニガヨモギのリキュールです。